TEL 090-7050-4589
営業時間 8:00~20:00 定休日 日曜日

屋根修理のタイミング

住宅の屋根は下からは見ることができないため、異変に気づくのが遅れてしまうケースも少なくありません。屋根の修理には、適切なタイミングがあります。

どのようなタイミングがあるのか、その時期を逃さないためにもチェックするポイントをしっかりと理解しておきましょう。

耐久年数から見るタイミング

耐久年数から見るタイミング

屋根は毎日風雨や強い紫外線に晒されており、私たちが思っている以上に劣化しております。このまま放置すると老朽化が進み、いざ修繕するとなった時に費用も多額なものになってしまいます。

そうならないためにも、定期的な点検とメンテナンスが必要です。屋根材の種類によって、耐久年数は異なります。

化粧スレート

5年ごとの点検、20~25年で全面葺き替えが必要。

金属系屋根材

2~3年ごとの点検、10~20年で全面葺き替えが必要。

ガルバリウム鋼板

4~6年ごとの点検、20~30年で全面葺き替えが必要。

上記を目安に点検、修理を行いましょう。

目視や点検でもわかる修理のタイミング

化粧スレート

色褪せやサビ、コケなどが目立ってきたら、修理・取り換えをしましょう。また、屋根を固定している釘が抜けている箇所がある場合、風で飛ばされる危険性もあるため早めの対策が必要です。

金属系屋根材

サビを見つけたら、修理・取り換えをしましょう。ゴミが溜まると雨水が流れなくなるため、定期的な掃除も大切です。この他にも、カビ臭かったり、天井や内壁などに雨染みがある場合は一度業者に依頼して点検を行ってください。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板はサビにくい屋根材ではありますが、まったくサビないというわけではありません。ガルバリウム鋼板が傷ついてしまったところから赤サビが発生したり、高温多湿な状況下では白サビが発生したりすることがあります。そういった場合には、屋根工事をする必要があります。

雨漏りに気づいたら早めの修理を

雨漏りに気づいたら早めの修理を

建築してからまだ何年も経っていなくても、雨漏りが発生した時には屋根修理が必要です。雨漏りを放置してしまうと建物の根幹となる木材が腐食し、建物の耐久性が低下してしまいます。

また、湿気によりカビが発生し、家族の健康にも被害を及ぼす可能性があるのです。さらに、漏電を引き起こす危険性もあります。

住宅内部まで流れ込んだ雨水がブレーカーやコード類を濡らしてしまい、それがきっかけで火災が発生してしまうかもしれません。こういったことを防ぐためにも、雨漏りに気づいた時にはすぐに修理をご検討ください。

札幌市で屋根修理を依頼するなら有限会社鎌田板金工業へ

札幌市で屋根修理を依頼しようとお考えの方は、有限会社鎌田板金工業をご利用ください。有限会社鎌田板金工業では葺き替え工事や屋根カバー工法、雨漏り・すが漏り補修工事、雨樋工事などに対応しております。

建築板金のプロならではの丁寧で確かな施工を行いますので、住宅でトラブルがあった際にはお気軽にご相談ください。

札幌市で屋根修理のご依頼は有限会社鎌田板金工業へ

会社名 有限会社鎌田板金工業
住所 〒061-3258 北海道石狩市樽川8条1丁目215番地
代表者名 鎌田 公次
TEL 0133-77-5902
※繋がらない場合はTEL:090-7050-4589へお電話ください。
事業内容 一般住宅の屋根・外壁のリフォーム、新築工事
営業時間 8:00~20:00
定休日 日曜日
URL https://www.kamada-bankin.co.jp/

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料!

TEL 090-7050-4589

営業時間 8:00~20:00 定休日 日曜日

お問い合わせはこちら