TEL 090-7050-4589
営業時間 8:00~20:00 定休日 日曜日

見逃し注意!外壁塗装の劣化現象

外壁塗装は5~7年すると、ところどころに劣化が目立つようになります。そのままの状態を放置していると雨漏りや柱・梁の腐食など、二次被害を引き起こしてしまいます。以下のような症状に気づいたら、早めにリフォーム工事を行いましょう。

外壁に現れる危険な症状

外壁に現れる危険な症状

塗膜の剥がれ

塗料の付着力がなくなると、素地から塗膜が剥がれてしまいます。長期間雨や紫外線にさらされることで、劣化が進んだことが原因です。

塗膜の剥がれは建物の防水性が失なわれている証拠のため、早めに対策する必要があります。

チョーキング

外壁を素手で触ると白い粉がつくことがあります。これはチョーキング現象と言い、外壁の塗膜が紫外線・雨・風などで劣化することで発生します。

ひび割れ

外壁にひびが入ったまま放置しておくと、雨水が建物内部まで浸入し、木材を腐食させてしまいます。木材が腐食すると耐久性に問題が出てくるのはもちろん、白アリやカビも発生します。

シーリングの劣化・欠落

サイディング住宅で気をつけたいのが、シーリングの劣化・欠落です。亀裂を放置しておくとその部分から雨水が浸入し、サイディングボード自体の劣化を招きます。

外壁が劣化する3つの原因

外壁が劣化する3つの原因

雨・風などの外的要因

外壁が劣化する原因のほとんどが、外的要因です。外壁は、雨風・紫外線などが直接あたる部分です。このような外的要因を長年受け続けることで、劣化していくのです。

経年劣化

外壁には、寿命があります。使用している塗料によって寿命は異なりますが、10年を目安に塗り替えを検討するのが理想とされているため、10年が近づいてきたころから定期的に劣化状態をチェックすることが大切です。

また、外壁の補修を10年以上していないという方は、早いうちに対応することをおすすめします。

塗装下地の乾燥

塗装下地にはもともと水分が含まれているのですが、年数が経過することで水分が蒸発していき下地が乾燥していきます。乾燥が原因でひび割れが発生してしまうため、常に外壁をチェックしておいてください。

下地が乾燥している場合は、下地からしっかりと補修する必要があります。

札幌市を中心に外壁塗装を行う有限会社鎌田板金工業

有限会社鎌田板金工業では、札幌市と中心に近郊エリアで屋根板金・外壁リフォームを行っております。屋根・外壁を専門に某ハウスメーカー、十数社の下請け業務も行っており、豊富な実績と経験を活かして対応いたします。

お客様を第一に考え、親身に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。見積もりに関する問い合わせもお待ちしております。

札幌市で外壁塗装の見積もりを依頼するなら有限会社鎌田板金工業へ

会社名 有限会社鎌田板金工業
住所 〒061-3258 北海道石狩市樽川8条1丁目215番地
代表者名 鎌田 公次
TEL 0133-77-5902
※繋がらない場合はTEL:090-7050-4589へお電話ください。
事業内容 一般住宅の屋根・外壁のリフォーム、新築工事
営業時間 8:00~20:00
定休日 日曜日
URL https://www.kamada-bankin.co.jp/

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料!

TEL 090-7050-4589

営業時間 8:00~20:00 定休日 日曜日

お問い合わせはこちら